当事務所は、お客様にとってベストの決定をするお手伝いをします

認知症の財産管理対策など介護費用の捻出


2025年には認知症患者数は700万人とも言われています。

2025年には認知症患者数が700万人にも達すると推計されています。認知症などにより判断能力がなくなると銀行に預けてある定期預金などの引き出しや自宅の売却等ができなくなります。

このように親の財産が使えない状況下で、残業も減り、昇給も少なく、晩婚化によりまだ子供にお金がかかる「息子・娘世代」は、親の介護費用負担と子供の教育費などで「親と子」に挟まれた経済的にサンドイッチ状態となり非常に厳しい状況になります。

 

親の介護費用は、原則、親自身の財産から負担してもらう必要があります。そのためにも、まだ親が元気なうちに介護費用などの捻出の対策を講じる必要があります。例えば、「リバースモーゲージ」や「リースバック」など自宅の活用による資金調達や「民事(家族)信託」の活用により認知症などで判断能力がなくなった場合でも、介護費用の捻出が可能になります。当事務所では、お客様にとって「ベストの決定をする」サポートをいたします。

 

 

  • 介護専門のファイナンシャルプランナーとして「介護費用に関する豊富な相談事例」をもとに親のライフプランニングを作成
  • 人生100年を見据えたライフプランをもとに民事(家族)信託の組成
  • 民事(家族)信託の組成から運営までワンストップでの対応

メモ: * は入力必須項目です


小規模事業者持続化補助金等のサポート


起業支援・営業許認可・補助金・記帳代行・営業支援・外国人ビザ申請など幅広くサポート

親の介護が忙しくて自分で起業したいが、なかなか時間がとれない。

このような子世代の「介護者」が起業するときに全般をサポートします。例えば、会社設立するときに、合同会社がいいのか株式会社か、はたまた個人事業主で行うのか。また、資金はどうするのか、補助金などを活用したい。

 

その他にも、この仕事には「営業許可が必要」なのか、また許可をとるためには「どこに提出する」等やお得意様との取引における契約書の作成や資金繰りなど......介護をしながら起業の準備等はとても大変です。何でも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ダウンロード
行政書士が行う中小企業・小規模事業者支援業務のご案内.pdf
PDFファイル 3.8 MB

サービス内容

当事務所のサービス内容を紹介します。

        

サービス内容はこちら

事務所概要

当事務所の概要、プロフィールについて紹介します。

事務所の概要はこちら

お問い合わせ

サービスに関するご質問など、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら



お知らせ



4月13日  

「マイベストプロ東京」に記載されました。


2月19日  

「介護ポストセブン(WEB版)~人生100年時代介護とお金~」にコメントが記載されました。


12月5日現在  

「著作権相談員」として東京都行政書士会の名簿に記載されました。


7月1日  

「FPジャーナル」7月号に記事が記載されました。


4月28日  

「申請取次行政書士」登録


3月28日  

4月1日より相談料が定額制から時間制に変更になります。ちょっとしたご相談に対応するため。

現在1回15,000円→2019年4月1日から30分5,000円(税別)


3月27日  

4月27日(土)~5月6日(月)の10連休も受け付けています。


3月1日   

土曜日・日曜日も受け付けています。


2月1日     

副業支援開始いたしました。


12月29日  

12月29日~1月6日まで年末年始休暇になります。