事務所概要


お金の専門家「FP」×行政書士

プロフィール

私は、母親の遠距離(間接)介護をきっかけに介護する人たちを支援するNPO法人等に参加して様々な方々とお会いしてきました。介護を担っている子世代の方の多くは40歳以上です。会社勤めをしながら親の介護を担うのは大変難しく、退職して親の介護をしている方もおられます(介護離職者は約10万人ともいわれています)。退職すると一番困るのは経済面です。なかには、親の介護をしながら、隙間時間を使って「副業」を始めたい方や「起業」を考えられている方々もおられます。ただ、「副業の環境規制」、「起業のしかた」、「個人事業主」と「法人の設立」どっちが自分に合っているのかよくわからないとのお話などもききました。このような悩みを解消したいと思っています。また、「介護費用の捻出や節約」などにどのような制度や方法があるのか知らないという方が多く、少しでもお役に立つ情報の提供をしたいとも思っています。特に今後、認知症が増加すると親の財産は凍結してしまい、介護費用を子世代が負担しなければならなくなります。「介護費用」はあくまでも親の負担を前提として、判断能力のあるうちに対策を講じる必要があります。お金の専門家である「ファイナンシャルプランナー」×「行政書士」で総合的に解決していきます。

 

 

【略歴】

1966年 山口県生まれ

1991年 兵庫県立神戸商科大学卒

1991年 日産生命保険相互会社入社個人・法人向け営業・支部長を経験

1997年 日産生命保険破綻。あおば生命保険株式会社入社。財務分析・資産査定・決算・リスクマネジメント・リーガル業務を経験。

2006年 ハートフォード生命保険株式会社入社。 マーケティング業務・新規金融機関開拓業務を経験。

2011年 カワムラFPコンサルティング開業。生命保険・少額短期保険会社・公民館等でセミナー講師等・LECリーガルマインドで委託

      訓練・市民講座等で簿記講師を歴任。

2018年 カワムラ行政書士事務所開業

その他、著作権相談員、認知症サポーター登録、一般社団セカンドライフ・エンディング協会の理事等

 

【保有資格】

行政書士、CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、日商簿記2級、事業再生アドバイザー等